ロゴス・ミニストリーは、聖書を教える ミニストリー(働き)をしています。このホームページでは、私たちがしていることの紹介 の他に、聖書の学びの内容を掲載していますので、ぜひこの機会 に、世界のベストセラーである聖書に触れてください。

ロゴス・ミニストリーは、下の聖書の一句から来ています。

「初めに、ことば(ロゴス)があった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。…ことばは人となって、私たちの間 に住まわれた。」

ヨハネの福音書1章1,14節

ロゴスとは「ことば」ですが、肉体を取って現われた神でもあります。これがイエス・キリストです。神のことばにふれることによって、主イエス・キリストを知っていただきたい、というのが私たちの願いです。

このサイトで引用されている聖書箇所は、断りのない場合は新改訳聖書(日本聖書刊行会)からのものです。



ロゴス・クリスチャン・フェローシップ(LCF)

2011年より、教会間またインターネット上で行なっていたロゴス・ミニストリーの働きから、新たに礼拝を中心とした共同体を祈り求めて活動を開始したいと思っています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。ロゴス・ミニストリーは継続して行ないますので、まだ教会へ通ってない方や、他の教会に通われている方も今までどおりご利用・ご活用ください。


聖書の学び

聖書を一節ずつ、順番に学んでいます。旧約聖書は創世記から、新約聖書はマタイの福音書からスタートしました。聖書の知識を蓄えるためではなく、イエスさまとの親しい関係を持つようになることが目的です。これらの学びの内容は、原稿、音声メッセージ共に聖書の学びのところにあります。


翻訳メッセージ

カルバリーチャペル・コスタメサの牧師チャック・スミスの説教を翻訳しました。詳しくは、翻訳メッセージへ。


イスラエル旅行

2013年にロゴス・ミニストリー主催の聖地旅行に行きました。2016年にも第二回を予定しています。ぜひご参加ください。


支援をされたい方へ

ロゴス・ミニストリーは、主に、このホームページを利用してくださっている方々のご支援によって成り立っています。御言葉によって自分が変えられたことを神に感謝したい、捧げ物によって感謝したいと願ってらっしゃる方はEメールでご連絡ください。返信にて、振込み先をお知らせいたします。


論考:「ロゴス・ミニストリーと日本の教会」

 2010年7月に執筆・公表した論考です。ロゴス・ミニストリーを13年間行なってきて、日本で奉仕して感じてきたことを、聖書的考察からまとめてみました(ここをクリック)。


HOME